ブログ村

無料ブログはココログ

« るる 入院してます | トップページ | ルル の葬儀を終えて。 »

2014年3月 8日 (土)

穏やかな最期でした。

長い間放置してて すいません。

るる 3月4日 23:48 永眠しました。

いままでの8にゃんの中で 一番誰よりも穏やかな最期でした。

養子免疫療法を選択して 良かったなぁ と
心から思いました。
3回この治療ができました。
残念ながら4回目に入れるはずだった血液は無駄になりましたが。


そして、昨日 お葬式をしてきました。
ここ最近、友引の日しか行けない事が多くて、
それでも仕方ないので、猫グッズを入れて お葬式に行ってきました。

骨上げ をいつもするのですが、
頭の部分以外は それはそれはすばらしい骨の残り具合でした。
どの子よりも 太く、綺麗に残っていました。
ご住職さんに聞いた話ですが、過去の投薬量などにも左右されるそうです。

るるの受けた 養子免疫療法の治療スケジュール等に関しては、
次回書きたいと思います。

きっと 検討されてみえる方もいると思うので。

これは あくまでも私個人の感想ですが。。。

私は今後も きっと この治療を取り入れるであろうと思います。

るる、この治療を始めてから、

痛そうにしたり、、苦しそうな表情をすることはありませんでした。
気持ちよさそうに 寝てる事が多かったです。
また、顎が少しでも開くうちは 自ら食事をしてくれました。
本当に 手のかからない子でした。

先生方は もっと食欲が出てくれれば・・・と
対費用効果を考えて、 気にされて、残念がってみえましたが、
私としては 大満足でした。

飼い主さんによっては 不満かもしれないし、
そのへんは もう個人的な考えなので、何とも言えません。

生まれてから、ワクチン以外で、始めての毎日の通院・点滴。
るる はいい子で 頑張りました。
感謝してます。

るる の事があったので 書いてありませんでしたが、

ミケリーナ も るる の治療と同時進行で、
CT検査などをしていました。

この件も これから書いていこうと思います。

ミケリーナ は 元気になりました

« るる 入院してます | トップページ | ルル の葬儀を終えて。 »

るる」カテゴリの記事

免疫療法」カテゴリの記事

猫の悪性腫瘍」カテゴリの記事

コメント

しばらく更新がなかったので気になっていました。
るるちゃん、虹の橋へいかれたんですね。
最後の時間が穏やかであったとのこと、良かったです。

うちのバジルは上顎の腫瘍が大きくなり、
先週半ばから食べられなくなり、土曜日に病院へ行ったところ、
これ以上衰弱しないうちにということで、
その日のうちに口の中の腫瘍部分を切除する手術となりました。
今回初めて手術の立会いを先生から言われました。
おそらく先生もどこまで切れるか体力が持つのか
不安があったのだと思います。
手術は上手く行きましたが、その後麻酔から覚めるのに
時間がかかり、かなり気を揉みました。
どうにか自発呼吸を取り戻し、翌日には退院しました。
先のコメントで質問いただいた顔の変形もあり、
頬の部分がかなり腫れています。
(この部分は切除できないそうです。)
口の中が楽になったからか自分で食べるようになりました。
この先、どれくらいの時間が有るか分かりませんが、
穏やかに過ごしていければと思います。

最後になりましたが、るるちゃんのご冥福をお祈りします。
ちびんたさんもお疲れ様でした。

他の方へのコメントで、亡くなったことを知ったのですが
自分のうちの方がバタバタしていて、書けずにいました。

るるちゃん、穏やかに眠れたとのこと・・・
本当によかったです。
よかったって、変な言葉かもしれないのですが・・・。

夏っちゃんの時に免疫療法を考えたので、るるちゃんが免疫療法ができて、穏やかに過ごせたと書かれていて、ほっとしました…。

るるちゃん、おやすみなさい・・・。
みんなと一緒に、ミケリちゃんや他の子を見守っていてね・・・。


お花をお願いしました。
あす楽にして、日付や時間を指定しなかったので、ご都合が悪いときでしたらすみません。

ご冥福をお祈り申し上げます。

るるちゃん、最後まで穏やかな時を過ごされたんですね。

我が家の愛猫は、あう抗生物質を見つけられてやっと鼻炎が
治り、全身状態も改善してきたので、免疫療法を…と思った矢先に
喉の腫瘍が数日で大きくなり、器官を塞ぐほどになった為
緊急手術をしました。そして数日後、術後の回復が悪く
そのまま、お先に虹の橋を渡りました。

その節は、色々教えてくださってありがとうございました。

shanghainekoさん

こんにちは。お返事すごく遅くなりごめんなさい。
ブログ 読みました。バジルちゃん も虹の橋を渡ってしまった
そうですね。
何度もの手術に耐え、すごく頑張ったと思います。
そして支えられたshanbhainekoさん お疲れ様でした。

うちは ルルに対して外科的施術はほどこしませんでしたが、
それはそれで、ありだったかなぁとも思っています。
いつでも迷いますが。。。

今は ミケリーナがまたまた治療中ですし、ほかの子も
気になる部分があるので、次の治療に向かっています。

そちらは どんな気候でしょう?やっと日本は春かなぁって
雰囲気になってきました。。。

みぃさん

こんばんは。お返事遅くなりすいません。。。

素敵なお花 ありがとうございました。
まだ 元気に咲いていますよtulip

ここ数年 無くなる頻度が増していて、しかたないのだけれど、
寂しいです。
実は 家族を増やす気持ちにはなってます。
ペコの為に。
けれど、いろんな意味での躊躇があり、迷ってます。
安易に里親にはなれないジレンマがあります。

みぃさん、頑張ってますよね、皮下輸液。
私は無理です。。。ビビってできないんです。。。
単純にビビってます。
なさけないでしょ。
本当はやれるようになりたいんですけど。

うちはバーミーの腎臓が悪くなってると感じます。
今日も点滴してきました。
また通院 増えそうです。

ちゃむさん

こんばんは。ルルは それはそれは穏やかな最期でした。
また、免疫療法のおかげで、苦しまずに逝けたんだと思っています。

せっかくあう抗生剤がみつかったのに、残念でしたね。
なかなか 培養検査でそういった抗生剤をみつけるのは困難だな~と私自身は思っているので、なおさら残念でしたね。
急激に腫瘍が大きくなってしまうって事 本当にあるんですね。
ルルは 進行も緩やかでした。。。

どこでも腫瘍は嫌ですが、食べる事に関わる箇所だと
ほんと、つらいです。
手の打ちようがなくなるなぁと感じています。

ちゃむさんも お疲れ様でした。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« るる 入院してます | トップページ | ルル の葬儀を終えて。 »

最近の写真