ブログ村

無料ブログはココログ

« さんた、明日 腫瘍の切除 | トップページ | 脂肪腫 »

2014年4月 5日 (土)

さんた 手術終わりました。

今日は風も弱く、気温こそ低いですが、
まずまずのお天気です。

昨日、さんた 無事手術を終え 帰宅しました。

カラーをつけなくてはいけないので、すごく嫌そうにしてます。

4


5時にお迎えに行ったのですが、麻酔の覚めも サンタはいいようでした。

正直なところ、今までに経験した手術の中で
一番 心配していました。

腫瘍のある場所が ひざ関節の横だったのと、
大きな血管がある所だと聞いていたので。
足が曲がらなくなったらどうしよう・・・とか
最悪 足を切断する事になったらどうしよう・・・とか。
いろいろ考えてしまいました。

なので、昨日はすべての予定をキャンセルして、
いつでも動ける体制にして、お迎え時間を待ちました。

朝10時半くらいに 病院に預けました。
大体 手術が終わるであろう時間を聞き、帰ってきました。
遅くとも2時くらいまでには 終わっているであろうとの事でした。

その時間までが 怖いですよね。いつもですが。
携帯は常に持ち歩き、すぐにでも出かけられるようにしてなくっちゃ
って思うし。

結局、連絡が来ることもなく時間は過ぎました。

顔を見るまで安心はでないし、いったいどれくらい切ったんだろう、
腫瘍は良性っぽいのかしら???などなど 運転しながら考えつつ
病院に向かいました。

朝 再度腫瘍を触診してもらった時点で、
皮膚に密着した感じの腫瘍ではなさそうだとは言われてたので
うまく切除できるといいなぁ~と すごく思っていました。
そのくせ、昨日のお迎えの時に どんな状況だったか聞くのを
すっかり忘れてしまいました。。。

もちろん、病理組織検査には出していただいてます。
先生の感じたところでは、脂肪腫ではないかなぁとのことでした。
数日 通院するものだと思っていたのですが、
5日間しっかり投薬すればよいとの事。
そのまま帰宅しました。

帰宅してから ちょっと てこずりました。

とにかく傷口を舐めるといけないので、
選択肢として
ゲージに入れる  もしくは 隔離する

この二つが 最適だと言われました。
少なくとも完全に麻酔が切れるまでは。

ころのゲージが常にあるので、そこに入ってもらう事を
私は選んだのですが、自宅ではそう簡単にはいきませんでした。
出たがって出たがって、傷口が開いてしまうのではないかと
思うくらい、動き回るんです。さすがに 焦りました。
そして、ゲージは断念。
隔離もせず 自由に動けるようにしました。
しかし、カラーなどしたこともないじゃないですかぁ。
もう あちこちぶつかるし、見てられない状態でした。
2時間くらいは とにかく 動きまくり、本当に不自由そうにしてて、
こっちが泣きたいくらいでした。

カラーは重そうで、サンタの気持ちになると
本当に不快だろうと思い、悲しくなっちゃいます。。。
急に決めた手術だったので、カラーまで頭が回りませんでした。
サンタには 申し訳ないことをしたな~と思っています。

45

カラーは なんとか作らなくっちゃと焦っていますが、
買い物にも出れず。。。
明日 なんとか時間をとって 作りたいと思います。

最後に 傷口の写真を載せますが、かなり強烈です。
小さく載せますね。

4_5

たくさん縫いました。
10日後 抜糸予定です。

はやく 抜糸の日がくる事を願うばかりです。。。

« さんた、明日 腫瘍の切除 | トップページ | 脂肪腫 »

さんた」カテゴリの記事

手術」カテゴリの記事

猫の病気」カテゴリの記事

腫瘍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さんた、明日 腫瘍の切除 | トップページ | 脂肪腫 »

最近の写真