ブログ村

無料ブログはココログ

さんた

2014年4月20日 (日)

脂肪腫

こんばんは。
すっかり更新をしていませんでした。
なんかこの頃 天候が安定しないというか、
一日の温度差が激しくて 風邪気味な私です。

サンタの病理組織検査の結果ですが、「脂肪腫」でした。
この結果がでるまで、すごく長く感じました。
悪性だったら 切断・・・ という思いが強かったので、
本当にうれしく思いました。

所見
切除された皮下腫瘤は 成熟した脂肪細胞の限局的な増殖で構成されています。腫瘍内に悪性所見を示す細胞や炎症は認められません。
腫瘍周囲には薄い皮膜用構造がみられ、腫瘤自体は完全に切除されています。

とありました。

・・・ここまでは とてもうれしくあったのですが、未だに抜糸できずにいます。
カラーも毎日ずっと付けていて、相当のストレスだと思います。

本来なら15日には抜糸でした。

しかし、患部が炎症を起こし、皮膚の一部が壊死しているようです。

場所が場所なので、動かさずいるのは無理です。
また、カラーをしていますが、舐めれちゃうんです。
カラーを自分で作ってみようと 道具なども一式購入したのですが、
作れてません。
柔かいと折れて患部に届いてしまいそうで。。。
そのため、市販品を使っています。

鬱血するといけないという事で、緩めに包帯をすれば、
すぐ取れちゃうし、キツク巻けば鬱血してしまいます。

なんか サンタはもちろんですが、私も辛いです。

カラー、包帯以外でできる事はないのでしょうか?
どなたか 知恵をいただいです。

この先が とても不安でしかたなく、ブルーな日々が続いています。。。

せっかく 良性の腫瘍だと喜んだのに・・・

すいません、愚痴のような記事となってしまいました。

ここからは 私の事。
身体の右側の体側の痛みが続いています。
腹斜筋? 帯状疱疹ではないのですが、
右側だけが痛いです。
内臓からくる痛みの気はしません。
けど、血液検査でもした方がいいのかしら?
前にも ここが痛くて内科にいったけれど、そこには臓器は
無いって言われました。
肋骨の上側の皮膚もピリピリするし。。。
あ~、嫌になります。

2014年4月 5日 (土)

さんた 手術終わりました。

今日は風も弱く、気温こそ低いですが、
まずまずのお天気です。

昨日、さんた 無事手術を終え 帰宅しました。

カラーをつけなくてはいけないので、すごく嫌そうにしてます。

4


5時にお迎えに行ったのですが、麻酔の覚めも サンタはいいようでした。

正直なところ、今までに経験した手術の中で
一番 心配していました。

腫瘍のある場所が ひざ関節の横だったのと、
大きな血管がある所だと聞いていたので。
足が曲がらなくなったらどうしよう・・・とか
最悪 足を切断する事になったらどうしよう・・・とか。
いろいろ考えてしまいました。

なので、昨日はすべての予定をキャンセルして、
いつでも動ける体制にして、お迎え時間を待ちました。

朝10時半くらいに 病院に預けました。
大体 手術が終わるであろう時間を聞き、帰ってきました。
遅くとも2時くらいまでには 終わっているであろうとの事でした。

その時間までが 怖いですよね。いつもですが。
携帯は常に持ち歩き、すぐにでも出かけられるようにしてなくっちゃ
って思うし。

結局、連絡が来ることもなく時間は過ぎました。

顔を見るまで安心はでないし、いったいどれくらい切ったんだろう、
腫瘍は良性っぽいのかしら???などなど 運転しながら考えつつ
病院に向かいました。

朝 再度腫瘍を触診してもらった時点で、
皮膚に密着した感じの腫瘍ではなさそうだとは言われてたので
うまく切除できるといいなぁ~と すごく思っていました。
そのくせ、昨日のお迎えの時に どんな状況だったか聞くのを
すっかり忘れてしまいました。。。

もちろん、病理組織検査には出していただいてます。
先生の感じたところでは、脂肪腫ではないかなぁとのことでした。
数日 通院するものだと思っていたのですが、
5日間しっかり投薬すればよいとの事。
そのまま帰宅しました。

続きを読む "さんた 手術終わりました。" »

2014年4月 3日 (木)

さんた、明日 腫瘍の切除

こんにちは。
すっかり春らしくなり、桜も ほぼ満開?のような愛知県です。
昨日、超 久しぶりのお休みをもらい、ころ を連れて
近くの木曽山川公園に行ってきました。
ころ 、ひさしぶりに歩いたのですが、体重が重すぎて
どうやら足関節を痛めてしまったようで。。。
今日は 注意深く 観察している次第です。
残念な話です。


さんた  明日 腫瘍を切除する為の手術を受ける事になりました。
正直。。。わたし、結構びびってます。

今までも いろんな子が手術を受けてきましたが、
今回は とても怖く思っています。

先週 さんた(3月24日)の夜、さんた が急に具合が悪そうだと
ちび夫さんが 気づいてくれて、(夜8時前の事です)
やはり、なんかおかしいし、触ると唸る ので 焦りました。
ただ、動けないわけではありませんでした。
良くみると 左ひざ横が腫れていたので、
どこかにぶつけたか、どこかから落ちての打撲かと思いました。

そして、しばらく 様子を見てみようと思いました。
それで、やはり 診療に連れてったほうが良いと自分で思ったならば
岐阜の夜間診療所に行こうと思いました。

30分ほどすると、落ち着いてきたし、普通な感じだったので、
死に至る事にはならないと 自己判断。
そのまま 翌日まで過ごし 翌午前中に通院しました。

そこで、左ひざ関節横 に 2cmくらいの腫瘍がある との事でした。
ショック・・・。
私は打撲による腫れだと思ってしまったのです、腫瘍を。。。

さんた については、毎日のように抱っこしたり、おなかを触ってみたり
していたんです。
なんで気づかなかったんだろう・・・とすごく反省したし、
凹みました。

私は 真っ先に
「扁平上皮癌ですか?」と聞き、次に「肥満細胞腫かなぁ」と
思いました。

見た目、触った感じからは、扁平上皮癌 っぽくはないんじゃないか
との事でした。

なんにせよ、そのまま放置はできない と思ったし、
私の性格上 はやり手術する事を決めました。

そこで、血液検査をお願いし、今日午前中にその結果を聞き、
手術を明日に決めてきました。

膝の横なので、歩けなくなったらどうしよう。。。とか
切断する事になったらどうしよう。。。とか
考えてしまいます。

いろんな事を 思ってしまうけれど、
切除はしようと決めたので、
明日の手術が 無事終わることを願うばかりです。


続きを読む "さんた、明日 腫瘍の切除" »

最近の写真